読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルートゥースがオススメ 2017年度 レシーバーワイヤレスがダントツに安い~!トランスミッタースピーカーを予約なしで買うならこのサイト 2017年度 トランスミッタ

ノイズが全くなくなり、充電しながらでもノイズはないです。映像と音とのズレはわからなかったです。でも、許容範囲なので、2台目はいらないかな?雑音について。

コチラです♪

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

レシーバー トランスミッター スピーカー ブルートゥース トランスミッタ ワイヤレスapt-X対応 BLUETOOTH  レシーバー トランスミッター スピーカー接続 ブルートゥース トランスミッタ ワイヤレス送信&受信 低遅延32ms搭載 C

詳しくはこちら b y 楽 天

ソニーBluetoothスピーカーSRS−X5と携帯音楽プレーヤーやテレビで使用してみました。BTT-200Lの2台目を購入。エレコムも使っていますが,バッテリーにも対応するのでBTTCは持ち運びが便利ですね。BTT-200Lが当初想定していたよりコンパクトなので、最初からペア使用を検討した方がよかったのかもしれません。iPhoneで音楽を聴くためにPLANTRONICSのBackBeat Proというヘッドホン(ヘッドセット)を購入し、どうせならテレビの音もワイヤレス化しようと思いこの製品を購入しました。。SONY MW-M505と接続してみましたが、Low Latencyモードでの接続ができないようです(5秒に2回のLED点滅)。他の方のレビューにも同様の記載がありましたが、気づいていませんでした。ただテレビ番組によってと書いてあるので、常に音楽が流れている音楽番組でも起きるのかも知れません。ホワイトノイズ(サーーーと鳴る音)はほぼ聞こえません。SRS−X5はapt-X対応(SRS−X5はローレイテンシー非対応)なのでこのスピーカーとワイヤレスで聞くために購入。たまに発生する程度で、特に問題と思いません。テレビ(ビエラアクオス),Boseスピーカ,Boseヘッドホンとイアホン,Sonyスピーカー,Sonyイヤホンなどいろいろなものに繋いでいます。私の利用環境は古い日本家屋で!電源回りのノイズが他の機器にも悪さをしたことがあったのでおそらくそれが原因かとは思います。。遅延についてうちのTVのイヤホンジャックは、イヤホンのみ音を出すか、両方(スピーカ+イヤホン)音を出すかの選択が可能なタイプです。立ち上がりと下がる部分では雑音も目立ちます。片耳イヤフォンで聞いてもエコーする感じはなかったです。充電していない場合は出ません。が、ノイズが乗ります。ギターの練習モニターに使えるかなあと思って購入しましたが!いくらapt-x対応同士でもさすがに無理でしたー。(正しい使い方ではないかもしれませんが。ヘッドホンがaptx LLに対応しておらず!aptxで繋がっている(と思います)ので!分かる程の遅延が発生します。たしかにLatencyは非常に少ないです。TVではイヤフォン音量をリモコンで調節できないので。TVの画像と音のズレについては全く感じないです。まだ!設置したばかりですが!取敢えずはサラウンド状態になっているみたいです(Blu-ray TOPGUNで確認)。。他のBTトランスミッターも!この程度なのでしょうか。次に試したのがTV <-付属のイヤホンプラグ(オスオス)-> 本機音量は解決しましたが、ノイズがひどい・・・そこで、100円ショップでイヤホン延長ケーブル(オスメス)を買って試してみました。比較はしてません。ただ、音声出力が切れている間は送信が切れているようです。その意味では目的はそこそこ満たせました。個人的には映像との差も気にならない程度と感じます。とても小さく持ち運びに便利で!デザイン的にもよいと思いました。無線なんだから、不安定なのは仕方ないです。バッテリ駆動できる機器にミニジャック経由で接続した場合はノイズレスだったので、新しめの建物内で使用する分には問題は出にくいとは思います。ペアリングは簡単で!最初はTV <-付属のイヤホンケーブル(オスオス)-> 本機でつなぎましたが!音量が小さい!「サー」「プチッ」というノイズがひどかったです。多少!遅れが大きくなるでしょうか。もう少し自分なりにいじってみようと思います。 (ある一定以上の音量であれば、ホワイトノイズは音楽にかき消されてほとんど聞えません。以前もブルートゥースで同じことをやって人の口の動きと声がずれていて使い物にならなかったのですが今回は問題なかったです。でもリスニングにはいいですよ。人にお勧めできます。送受信が切り替えられ,ヘッドホンにぶら下げても軽く,コーデックスもaptXが使えるのでWindows派には汎用性があっていいですね。《その後》ノイズの原因はアンプでした。SRS−X5と携帯音楽プレーヤーで接続した場合特に問題はありません。遅延について。3m位の距離で見ているのですが!無音状態でない時でもたまに音声が途切れる事がありますが!音質等にこだわりはないので!特に問題なく使っています。送受信ペアリングして!使用してみました。音飛びについて。付属品はRCA変換ケーブル!充電用microUSBケーブル!イヤホンプラグ(オスオス)!イヤホンケーブル(オスオス)です。音質について。(送信側としての利用)今のところ何も問題なく使えております。Low Latencyの効果に期待していたため満足しています。)また送信用としてご使用になる場合で、イヤホンジャック経由での接続の場合、接続する機器により(テレビなど)、テレビのイヤホンジャックから出力される信号にノイズがすでに乗っている場合が多く、ノイズ信号もデジタル信号に変換されそのまま伝送されます。このBTTC-200LとBackBeat proは両方ともapt-x Low Latencyに対応しているので、音声の遅延は全く感じることはありませんでした。テレビと本機と接続したときに、商品説明のマイナス情報で書かれているような状態の時に音が途切れ途切れになります。消費電力を節約するためでしょうか。200Lと200Xとも繋いでテレビ視聴もします。ノイズも特に気になりません。SONY MW-M505と組み合わせで、ギター演奏のイヤホンでのモニターにトライしてみましたが、やはり遅延が気になり、実用的ではありませんでした。低遅延目当てで2個ペアで購入。)テレビ音声をワイヤレスで・・・と思いこちらを購入しました。TV番組に高い音質は求めていませんが!良いです。ホワイトノーズも目立ちません。TV <-付属のイヤホンプラグ(オスオス)-> <-100円ショップのイヤホン延長ケーブル(オスメス)> 本機これは大正解でした。なお送信での使用だけなので、受信に関しては解りません。遅延は200Xの速度に依存しますが,気になる遅れはありません。音質についてですが!PC/スマホなどの内蔵Blutoothからの受信に関してはノイズも少なく大満足です。5.1chのリアスピーカー用の配線をなくすため!2台購入しました。接続ツールも色々なことを想定したものが添付されていて感心。)試しにコンセントの場所を変えたら止みました。またテレビのイヤホンジャックに接続して音声を送信する際、バックミュージックがないニュースや報道番組の場合、会話と会話の間の無音時には、テレビから送信するアナログ信号が出力されていないため無音声部分は送信されませんので、途切れとぎれで送信することになり、会話が途切れたようになります。一方、送信に関してですが、2個ペアで送受信、送信をテレビにミニジャック経由で接続した場合にかなり大きなキーンというノイズが乗ってしまいました。たしかに、テレビで使っても音の遅れは小さいです。ギター演奏のモニターに使用してみましたが!わずかに遅延しますが!気になるほどではありませんね。ただ、常に音楽が流れてる番組でも音が途切れ途切れなったのですがなぜこの状態になったのかは解らないです。別のものに変えたらクリアな音になりました。電子音(ビーーーと鳴る音)は充電しながらだと聞こえる場合があります。MDRNWBT20NWMも試しました。イヤホンはSONYのMDREX31BNW(aptX対応、LLではない)です。録画した音楽番組では特に音が途切れることは無かったです。※電子レンジを使うとさすがに干渉しましたTVのUSBポートから電源を供給しながら使用する事も出来ています。これは、MW-M505がLow Latencyモードに対応していないためだと思いますので、このBTT-200Lをもう1台購入して、ペア使用を試してみることにします。音楽の始まりや終わりに左右時間差でノイズが乗ったりします。両方を出した状態でにて!わずかな差がある事は感じられます。欲を言えば音量調整機能があると良いかと思います。テレビと繋いだときに出る場合があるという。ヘッドホン(SONY MDR-1ABT)と繋げています。これを2個買って送受信に使ってますが音はいいです。日本語取説どおりに!やって!ペアリングはすぐできました。望み薄かなと思いながら試してみた楽器に関しては、音源に合わせて練習、みたいな用途にはやはり厳しいですね。雑音が鳴る/鳴らないの条件は分かりませんが、止んで良かったです。星4つにしたのは!他の方も書いているように!残存電池の状況がわからないのと!交換不可の点です。今は満足です。テレビに使っています。雑音もなくクリアに聞こえました。私の環境ではちょっと問題がありましたが!商品自体は良い物だと思います。PanasonicBluetoothスピーカーSC-NA10と本機を組み合わせ!テレビの音声を無線化しました。商品紹介の所に書いてあったマイナス情報は下記■マイナス情報 本品は送信使用でアナログ入力をすると無音または音量がかなり小さい時にホワイトノイズ(サァーという音)が聞えますが、ホワイトノイズの発生は不具合・不良ではございませんのでご理解ください。遅延に関して!テレビ!音楽など普通の用途では何の違和感もありません!すばらしい。アンプからの生音と合わせて聞くと少しディレイがかかったように感じる程度で、実用に耐えそうです。2個買っちゃったのは使用⇔充電で交互に利用しようと思います。TVのイヤフォン用2個購入しました。とりあえず深夜のテレビもイヤホンのケーブルに縛られなくなり自由になりました。テレビ番組によって症状はことなりますので、ご注意ください。携行にも便利そうです。値段がちょっと高い気はしますが、結果は大満足です。最初にヘッドフォンと接続する際、他の機器(テレビかレコーダかな?)と繋がってしまったみたいで少々手間取りましたが、別の部屋で繋いでからテレビに接続して無事繋がりました。Bluetoothヘッドホンはすでにありましたので!TV側に付ける前提です。充電ができなくなったら!捨てる!では!勿体ない値段ですから。まず見た目の第一印象は非常に小さいことです。両機ともにAptXのLLに対応しているようなので!遅延が気になる事も無く快適に利用出来ています。ただ無音からの立ち上がりにやや違和感を感じることもありますが,慣れれば無線の特性と割り切れますね。やはりLow Latency Versionが良いようです。総じて!買って良かったと思います。 (これはテレビ側のイヤホンジャックからの信号に起因するものですので、ご理解ください。他の方も指摘してましたが、音声の立ち上がりとキレ際が目立ち音が歪みます。ホワイトノイズに関しても特に気になりません。